今日のカタクリ園

カタクリの花の開花情報

3月21日は午前中は曇り少し肌寒い。午後は日が差し気温が上昇しカタクリは数本が開花しました。

 

3月23日は曇り気温は低い。3日前は開花1番を確認しましたが寒さの関係から萎んでいました。今日は開花は確認できませんでした。午後からは小雨が邪魔をしました。

 

 

3月25日は晴天で太陽が差す11時頃には花弁が反り返った姿を多く観察できました。アマナ、ホソバナコバイモ、ヤマエンゴサクも咲いています。又、アミガサ茸も姿を見せています。
イチリンソウは蕾が覗いています・

 

3月27日 朝、今日は前日と変わって晴天。カタクリ達は賑やかに咲きだすと思います。

只今準備中、10時過ぎから咲きだそうかなー。

今日は終日多くのカメラマン、山野草愛好者など多くの来園者で賑わいました。明日も好天気の情報で多くの来園者があると思います。(19時30分)

 

3月31日 朝からの雨、昨日は晴天でカタクリは日差しを浴びて美しい花を見せていました。全体的には未だ蕾の花が多くみられ来週半ば頃までが見頃と思います。

小雨のカタクリも春の風情とお楽しみください。

 

      今日は小雨と大半が曇天で肌寒い日でした。カタクリは萎んでいますが少グループの来園者が切れ目なく続きゆっくりと鑑賞していました。

 

4月1日 晴天、昨夜からの風が強い肌寒い。カタクリは昨日と大差なく沢山の花が開花している。来園者も多い一日でした。

 

4月2日 晴天、薄氷を確認する寒い朝でした。次第に気温上昇し日中は17度。カタクリは午後に全開(イナバウアー?)終日切れ目なく来園者がありました。数日の間は綺麗なカタクリが鑑賞できると思います。

 

4月3日 晴天 薄氷の張る寒い朝でしたが、今日は風が弱く春の日差しが快く感じる日になりました。カタクリの花は昨日に続いて全開、山はカタクリの花の色に染まりました。今日は高知県、大阪府等遠方からのお客様で終日賑やかな日でした。遅れて咲きのカタクリもあり今週中は十分楽しめると思います。

 

4月5日 昨日も晴天に恵まれカタクリの花達はイナバウアーの競演で見事な花舞台でした。放送局の方や、高知県の四万十川の沿線の方も訪れて多くの来園者で賑わいました。今日も晴天の予報で多くの来園者で賑わうと思います。安全運転でお出で下さい。

 

4月6日 晴天 安全運転でお出で下さい。

4月7日 カタクリの花の見ごろは最盛期を過ぎた頃です。西の斜面は遅く咲いたので良い花が鑑賞できます・
午後は通り雨がありました。

4月8日 山一面にはカタクリの花が見えますが、早咲きは花弁の先端が枯れて中に種子が出来ています。遅咲きは見頃です。

今日は終日少数の来園者でカメラマンの方はゆっくりと撮影されていました。

 

4月10日 カタクリ園の開園は今日が最終日です。コロナの影響や当園の対応に失礼があったと思いますがお許し頂きたいと思います。

 

3月下旬から咲いたカタクリ達は花弁が落ちて種子の房が出ています。5月頃まで種子が大きくなり6月には落下して、蟻たちの巣に運び込まれ、来年2月頃には芽を出して成長し7年程の葉の成長が始まります。成長期が終わり花をつけるのは7年から8年と言われています。花を付けたカタクリ達は約10年程の花を見せてくれます。この期間には付属体と呼ばれる子芋が出来て花を咲かせて増えると言われています。環境が良ければ群生の密度も高まり花の絨毯のように広がります。

 

ひらまつカタクリ園はこれからキンラン、少し遅れてササユリの花、畑にはボタン、花菖蒲が観察できます。

トウモロコシを1万粒、枝豆などを植え付ける予定で、収穫はご希望の方々で楽しみたいと予定しています。ご希望が在ればこのページを時々ご覧ください。

 

4月16日 閉園1週間経過しました。カタクリは種子の梵天が目立つ様に葉は枯れています。14日、15日の雨で遅く咲いた花も散っています。